【レビュー】中国製おむつがにおわない袋を買ってみた。日本製BOSとの比較。

f:id:tonymctony:20190106141659p:plain

 

先日、普段使っている「脅威の防臭袋 BOS(おむつがにおわない袋)」が残り少なくなっていたので、無くなる前に新しいものを注文しようと思い、Amazonで検索してみたところ、同名で別の商品が検索結果に出てきました。どうやら中国製の商品のようです。

 

 

普段購入しているBOSは200枚で1512円。こちらは180枚で1280円ですが100円引きのクーポンが使えて1180円で購入できるとのこと。そうすると1枚当たりの価格ではBOSが7.56円、中国製のものが6.56円と1円の差が出ます。

 

 

ネックなのは商品説明がたどたどしいところと、中国製であるところですが、当たればこの価格差は大きいと思い、購入して見ることにしました。

 

結論から言えば、失敗でした。BOSの代わりにはなりません。まったくの別物です。

 

 

中国製おむつがにおわない袋

 

f:id:tonymctony:20190105204613j:plain

中国語だと尿片収集袋なのでしょうか。90×2個で180枚ということのようです。

 

Amazonの商品名には「おむつが臭わない袋」とありましたが、かつてのヤフオクの商品タイトルのように複数のキーワードがタイトルに盛り込まれていました。ですから、商品名としては包装の「Scented Nappy Bags」というのが正しいのでしょう。

 

翻訳すると「香り付きおむつバッグ」となりますが、これが正しい商品名だと思いました。Amazonのタイトルに釣られず、ちゃんと画像の英語を解読すればよかった…。

 

※以下、おむつを実際に入れて比較した写真を掲載しています。

 

開封

f:id:tonymctony:20190105205018j:plain

箱の一部が開き、取り出しやすい設計。ただし、1枚1枚が薄いため、1枚だけとるのが難しい。

 

開封前から「香り」が漏れていたので嫌な予感がしていたのですが、開封すると一気にその「香り」が周りに漂ってきました。一昔前の石鹸のにおいとお香のにおいが混ざったような香りです。私はこの手の香りが苦手なんですよね…。

 

そして、「においが付いている」ということに対しても嫌な予感がしました。「トイレの消臭剤と同じ仕組みなんじゃないか?」とつまり、「強い香りで誤魔化す」だけなのではないかと。

 

BOSとの比較

f:id:tonymctony:20190105205745j:plain

現在は紫色の袋を使用。BOSは色のバリエーションがたくさんあります。

 

ここで現在使っているBOSとの比較をしてみます。私が使っているのはSSサイズのものです。Mサイズのおむつでしたら問題なく入ります。

 

袋の大きさ
f:id:tonymctony:20190105205022j:plain
f:id:tonymctony:20190105205949j:plain

(左)中国製 (右)BOS

 

袋の大きさですが、中国製のものは一回り大きいです。そしてレジ袋のような形になっています。これにより、簡単に結べるところがメリットになるとAmazonの商品説明に書いてありました。

 

質感
f:id:tonymctony:20190105205025j:plain
f:id:tonymctony:20190105205951j:plain

(左)中国製 (右)BOS

 

中国製の物は安物のビニール袋のような、薄くてすぐに破けそうな頼りない質感です。Amazonの商品説明では2kgまで耐えられるとのこと。

 

BOSはしっかりとしていて、ちょっと引っ張ったぐらいでは破れません。10か月使い続けていますが、一度も破れたことはございません。この頑丈さは本当に頼もしく思えます。

 

中国製のものは「色付きで中身が見えにくい」と書いてあるのですが、無茶苦茶見えてるじゃないか…。

f:id:tonymctony:20190106140246j:plain

おむつの柄まで分かってしまいます。 

 

消臭性能

f:id:tonymctony:20190105210651j:plain

(左)うんち&おしっこ(3時間前交換) (中)おしっこ(8時間前交換) (右)うんち&おしっこ(2日前交換) のおむつが入っています。

 

次に消臭性能を確認していきます。まずは3時間前に交換したうんちとおしっこをしたおむつを入れた中国製の袋のにおいを嗅いでみます。

 

…うん、臭いね。漏れてるね。

 

元々私の嫌いな香りがするのと、それとうんちの臭いが混ざって気分が悪くなってしまいました。袋の閉め方が悪かったのかな?と思ったのですが、袋の下側を嗅いで臭ってくるので、完全に臭いが漏れていると思います。

 

続いて、8時間前に交換した、おしっこをしたおむつを嗅いでみます。

 

…うんちよりはましだけど、臭いね。

 

先ほどのものは完全にアウトでしたが、こちらはまだ許容できるレベル。でもやっぱり臭いです。

 

最後にBOSのものを嗅いでみます。

 

…臭わない。(袋に鼻をくっつけて大きく息を吸い込む)うん、臭わない!!

 

BOSは以前レビューしたのですが、これが全く臭いません。ストレスフリーです。

www.tonymctony.com

 

BOSに関してはあまりに臭わないので、段ボールを簡易的なごみ箱にしてもまったく問題ありませんでした。夏場はさすがに臭うかな?と思ったのですが、そんなこともなく、本当に素晴らしい商品だと思いました。

f:id:tonymctony:20181110170753j:plain

この時は黄色の袋を使用していました。

 

中国製のものでは間違ってもこの管理方法はできないです…。管理方法を考えないとな。。

 

おわりに

今回はいい勉強になりました。こちらの中国製の商品は高いとしか思えないクオリティでした。BOSとは比べものにならないほど低品質です。逆にこの価格差であればBOSが安いと思えるほど。

買ってしまったものは仕方がないので、中国製の商品はおしっこ用に、Bうんち用には引き続きBOSを使っていきたいと思います。

 

驚異の防臭袋 BOS

 

そしてこの中国製の商品、いろんな出品者から商品名(Amazon上での)を変えて多数出品されていることが分かりました。

 

 

 

 

こういったことを規制してくれるといいんだけどなぁ…。Amazonのお買い物も難しくなってきましたね。