今週のテーマは「妻の超然」だった話。妻に作ってもらった革小物と共に振り返る妻の記事総集編。

f:id:tonymctony:20180610170040p:plain

 

毎日、本ブログをご覧になっていた方はお気づきだったかもしれませんが、今週(月曜日を週の始まりとして)は妻のお話をメイントピックにした記事を書いていきました(一部書いていない日もあるけれど)。

 

それはなぜか?答えは単純で頭の中でTHE WHOのMY WIFEが流れていたからです。(歌詞の中身とはさっぱり状況は異なりますが)

 


The Who - My Wife (Live at Kilburn 1977)

どうでもいいことですが、この曲はベースのジョンがメインボーカルをとるので、ボーカルのロジャーには出番がありません。ザ・フーにはギターのピートやベースのジョンがボーカルを取る曲がそこそこあり、その際にはロジャーは放置プレイという名の辱めをうけることになります。しかし、現代っ子のように「豆腐メンタル」とは質の違う「鋼のメンタル」を持つロジャーは、マイクをぶんぶん回したり、リズムに合わせて体をゆすったりして、その苦行を乗り越えていくのです。そう、ザ・フーのヒストリーはいじめられっ子ロジャーが、執拗ないじめを乗り越えてロンドンオリンピックの大トリにまで上り詰める、稀代のサクセスストーリーでもあるのです。

 

 

 

 

妻の記事総集編

ということで、週の最終日(月曜日を週の始まりとした)の本日は総集編として、妻が私に作ってくれた革小物を並べながら、記事の振り返りをしていきたいと思います。

 

妻の花粉症が治った話

 

www.tonymctony.com

 

厳密にいうと「この春、妻に花粉症の症状が出なかった」というお話でした。秋や来春はどうなっているかわかりませんが、ひとまず「治まった」というのはいいことかと。

 

カードケース(カードキー入れ)

f:id:tonymctony:20180610162717j:plain

 

私の住んでいるアパートの鍵はカードタイプなので、それ用のケースを作ってもらいました。※ストラップは既製品です。

 

 

妻は私の人生の師である話

 

www.tonymctony.com

 

アイキャッチでミスリードしてしまったかもしれません。しかし、DIYはDo It Yourselfの略なので、広義の意味では縫製も入るのではないでしょうか?当人、棚も作りたいと言っていますし。

 

また、多くのブックマークをいただけ、smartnewsにも掲載されたようです。ブックマークしてくださった皆様、本当にありがとうございました。コメントを妻に見せたところ、大変喜んでおりました。仕事へのモチベーションにもなったようです。

 

回数券ケース

 

f:id:tonymctony:20180610162924j:plain
f:id:tonymctony:20180610162947j:plain

 

4種類の回数券が収納可能です。また、底がミニポケットになっています。働いていた時は2回乗り換え(3鉄道会社を利用)があったため、複数の回数券を利用していました。株主優待乗車券や休日乗車回数券なども利用していたので、種類を分けて収納することができます。コンパクトでとても便利です。

 

妻が仕事を始めた話

 

www.tonymctony.com

 

今週はバリバリお仕事をする傍ら、子供服も作っていらっしゃいました。その逞しくミシンを使うさまに見惚れてしまいました(そして子どもにそっちばかり見てないでかまってよー!と怒られる)。

 

この記事はGoogleのおすすめ記事に載ったようで、アクセス解析のアクセス元サイトが今まで見たことのない分布になっており、驚きました。

 

名刺入れ
f:id:tonymctony:20180610163342j:plain
f:id:tonymctony:20180610163352j:plain

 

シンプルな名刺入れです。名刺を入れる部分を加工するのに苦労したそうです。仕事柄使う機会は限られていますが、仕事の際は常時携帯しています。

 

妻が銀歯をセラミックに交換している話

 

www.tonymctony.com

 

昨日、妻に耳の調子を伺ってみると、「よくなってきたみたい」とのこと。このまま完治してくれたら嬉しいですね。ついでに虫歯になってしまった親知らずも抜いていたのですが、スムーズな抜歯で経過も良好でした。

 

入館証ケース1
f:id:tonymctony:20180610163622j:plain
f:id:tonymctony:20180610163629j:plain

仕事で使っていた入館証ケースです。後ろ側のボタン止め部分がとてもお洒落だと思っています。

 

妻による抱っこ紐カスタマイズの話

 

www.tonymctony.com

 

オリジナルの抱っこ紐になった気分にもなるので、なかなかポジティブなカスタマイズです。「量産して売ってみれば?」と提案してみましたが、OMNI360用でしか作れないのと、まだまだ納得いっておらず改良の余地があるそうで、あまり前向きではなさそうでした。さすが職人。

 

入館証ケース2
f:id:tonymctony:20180610163915j:plain
f:id:tonymctony:20180610164028j:plain

こちらは表面も裏面もクリアケースになっている入館証ケースです。少々特殊な事情があって、2種類の入館証を掲示する(目視してもらう)必要があったときに使用していました。

 

まとめ

以上、妻に関する記事シリーズはいかがでしたでしょうか?これからもコンセプトウィークを作っていきたいなとは思っています(中身は考えてないけど)。

 

記事を書いていて改めて思ったのは、「なぜこんなにすごい人が私と結婚してくれたのだろうか?」ということです。生きてきた中での一番の謎かもしれません。

 

本当に妻には頭が上がりません。これからも教えを請いつつ、日々精進していきたいと思います。