ワッフルブルジョワと言われた私が、ミスターワッフルの全味をレビューしてみる。

f:id:tonymctony:20190130160133p:plain

 

ミスターワッフルでワッフルを購入するたびにツイッターに投稿していたところ、フォロワーさんに「ワッフルブルジョワ」なる称号をいただきました。ミスターワッフルを敬愛する私にとってこの上なく幸せな事でした。

 

そういえば、ミスターワッフルについてはラブレターを贈ったり、お誕生日プレゼントを頂いたりしたお話は書きましたが、レギュラーメニューにどんなワッフルがあり、どのような味なのかのレビューをしておりませんでした。


www.tonymctony.com

 

ゆえに、本記事でミスターワッフルのレギュラーメニュー全味についてご紹介したいと思います。

 

 

 

ミスターワッフル

ミスターワッフルは都内を中心に11店舗(2019年1月現在)を展開するワッフル専門店です。マーガリンやショートニングを使用せずバターのみを使用し、安心の原材料で作る本場(ベルギー)仕込みの味を味わえる人気店です。

 

mr-waffle.com

 

土日のおやつ時になると、いつ見ても長い行列ができるほど。店員さんの接客も素晴らしく、何度でも通いたくなるお店です。

 

ワッフルブルジョワ

私は月に1度程度しかミスターワッフルに行くことができないので、行く度に「全種類2個ずつ」を注文しています。ワッフルはレギュラーメニューが6種類と、期間限定メニューが2種類の合計8種類のラインナップですので、これを2個ずつ注文すると合計で16個になります。

 

f:id:tonymctony:20190130205610j:plain
f:id:tonymctony:20190130205614j:plain

(左)クリスマス限定パッケージ (右)22周年パッケージ

 

ミスターワッフルの持ち帰り箱はワッフルが最大10個しか入れられないため、2つの箱に分けて入れてくれるのですが、この2つの箱の写真を撮影し、ツイッターにアップしたところ、フォロワーさんに「ブルジョワ買い」と揶揄され、それを実行した私が「ミスターワッフルブルジョワ」なる称号を得ることになったのです。

 

なお、月一でブルジョワ買いをするようになったのはいつからかは覚えておりませんが、この買い方をするようになってから、物凄い勢いでスタンプカードのスタンプがたまるようになりました。

 

f:id:tonymctony:20190130210145j:plain

No9=9枚目のポイントカードも全部たまりました!300円で1ポイント。10個で1個、20個でさらに2個のワッフルと交換できます(全部ためるとトータル3個と交換できる)

 

全味レビュー

f:id:tonymctony:20190130210149p:plain

 

前置きが長くなってしまいましたが、2019年1月現在ミスターワッフルで販売されているワッフルのレビューをしていきたいと思います。

 

プレーン
f:id:tonymctony:20190130160256j:plain
f:id:tonymctony:20190130160252j:plain

 

定番中の定番「プレーン」。すべてのワッフルのベースになる味です。ミスターワッフルのワッフルは他のワッフルとは全然違います。コンビニで売られているワッフルは、ワッフルの形をした「ただの塊」だと思えるぐらい。

 

甘いものって、ある程度食べると胃がもたれたり、「もういいかな…」という気分になったりするのですが、ミスターワッフルのワッフルはそんなことがありません。むしろ、もう一個食べたくなります。これは原材料の良さが為せる業なのでしょうか?

 

持ち帰って家で食べる際には、そのまま食べるのではなく、購入時に封入される説明書通りに温めて食べていただきたいです。温めることでバターの香りが引き立ち、焼き立ての食感も蘇るため、一層美味しくなります。

 

アーモンド
f:id:tonymctony:20190130160345j:plain
f:id:tonymctony:20190130160342j:plain

 

サクサクとしたアーモンドの食感がたまらない一品。ワッフルの甘さとアーモンドの香ばしさが絶妙にマッチします。

 

昔はナッツの美味しさというものが分からず、ミスターワッフルのこの味にも暫くは手を出していなかったのですが、ものは試しにと購入して見たところ、一口目でハマってしまいました。アーモンドの美味しさを私に教えてくれた一品です。

 

アールグレイ
f:id:tonymctony:20190130160413j:plain
f:id:tonymctony:20190130160417j:plain

 

生地にアールグレイの茶葉が練りこんであるため、他のワッフルと全く違う香りがします。紅茶の茶葉ですから苦みを感じると思いきや、全くそんなことがなく、ワッフルの記事と絶妙に調和しています。

 

一口噛むとアールグレイの香りが口いっぱいに広がり、次の一口を誘います。他の味のワッフルも誘ってしまうところがニクいところです。

 

焼きりんご
f:id:tonymctony:20190130160533j:plain
f:id:tonymctony:20190130160530j:plain

 

ワッフルもりんごも甘いもの同士なので、良さを打ち消し合ってしまうかと思いきや、りんごのほのかな酸味が作用して、お互いを絶妙な次元で結び付けていました(よく考えてみたら、アップルパイもそうですよね)。

 

りんごは果肉感が感じられる大きさに切りそろえられており、食感も楽しめます。シナモンと合わせて食べたくなります。

 

チョコチップ
f:id:tonymctony:20190130160557j:plain
f:id:tonymctony:20190130160553j:plain

 

ミスターワッフルの生地はチョコとも相性抜群なんです。チョコはとろける系ではないので、溶けてワッフルの邪魔をせずアクセントとして引き立てています。チョコ自体の味はくどくなく、程よく「焼き感」があって香ばしい味もします。

 

チョコ好きの妻が絶賛する一品。そして妻と初めて買った思い出のワッフルです。

 

シナモン
f:id:tonymctony:20190130160624j:plain
f:id:tonymctony:20190130160619j:plain

 

箱から取り出した瞬間、シナモンの香りが辺り一面に広がります。それもそのはず、プレーンワッフルにこれでもか!というぐらい、シナモンパウダーがたっぷりとかかっています。上手に食べないとむせてしまうほどなので、食べるときはご注意を。むせるとシナモンの香りが呼吸器系に広がっていくので、それもシナモン好きには堪らない一品です。

 

つぶバナナ
f:id:tonymctony:20190130160647j:plain
f:id:tonymctony:20190130160654j:plain

 

期間限定メニュー。バナナ?甘ったるすぎないか!?と思っていたのですが、意外と合うものですね!粒状になったバナナが生地にたっぷり入っています。

 

宇治抹茶あずき
f:id:tonymctony:20190130160733j:plain
f:id:tonymctony:20190130160736j:plain

 

こちらも1月の期間限定メニューです。 緑色が食欲をそそります。抹茶感はライトで程よく入ったあずきが和の雰囲気を感じさせる逸品です。不思議とブラックコーヒーがよく合います。

 

冷凍保存可能

f:id:tonymctony:20190130160802j:plain
f:id:tonymctony:20190130160806j:plain

 

「大量に買って食べきれるの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、ワッフルは冷凍保存可能ですので、買った当日と翌日に食べるもの以外は、ラップで包んで冷凍庫に入れて保存しています。

 

f:id:tonymctony:20190130210142j:plain

説明書にもありますが、冷蔵庫保存はとパサついてしまうのでオススメしません。

 

ワッフルを買うと、温め方の説明書をもらえますが、冷凍したものを温めるときには、この説明書の表示より1~2分(トースターや季節・環境により適宜調整)多めに温めることで、冷凍前と遜色のない美味しさを味わうことができます。ちなみにわが家では、バルミューダのトースターの「クラシックモード200℃」で4分温めています。

 

おわりに

以上、全味レビューでした。すべて美味しいので、食べるときは何味から食べるか迷ってしまいます。わが家では写真に載せたように1個を半分に切って、一度に2種類を妻と分け合って食べています(トータルで一人一個分になる)。どの組み合わせにするかを考えるのも楽しいですよ。妻は楽しみになりすぎて眠れなくなることもあるそうです…。

 

なお、最近のお気に入りの組み合わせはアーモンド×チョコチップです。ご賞味あれ!