育休中、10年ぶりにスニーカーを買った話。

f:id:tonymctony:20180619065316p:plain

 

先日、10年ぶりにスニーカーを購入しました。記憶によれば、社会人1年目の時にオニツカタイガーのTAI-CHIを購入したのが最後で、以降スニーカーとは縁遠い生活を送っておりました。大学時代まではスニーカーしか履かなかったのですが、趣味嗜好が変わり、服に合わないように感じるようになったのがその理由です。

 

オニツカタイガーのTAI-CHI。ソールが薄いスニーカーでした。購入してすぐにバッティングセンターでスイングした衝撃でソールが剥がれ、オシャカになりました。

 

 

スニーカーについて 

私がスニーカーを始めて購入したのは、色気づいた高校生の時でした。以来、社会人1年目まで普段はずっとスニーカーを履いていました。

 

スニーカーって元々は運動靴なんですよね。歩く用途にはいいけど、激しい運動には向いていない気がするんですけど。

 

先日の記事のように「それではスニーカー遍歴を振り返ってみましょう。」なんて始めると、またうっかり長いだけの大作が生まれてしまうので、今回はやりません。

 

購入したスニーカー

f:id:tonymctony:20180619062256j:plain

 

adidasのGAZELLE(ガゼル)というモデルです。色味(ピンクベージュ)が気に入って購入しました。試着して履き心地が良かったので即決でした。

 

以前、桃色症候群に罹っていた(おそらく治ってはいない)ときに、購入しようと思っていたものでした。 ちょうどセール価格になったので、お店で確認し、購入するに至りました。

www.tonymctony.com

 

 

購入しようと思った理由

冒頭部分で、趣味嗜好が変わったと称したスニーカーを、今回なぜ購入しようと思ったかというと、子どもを抱っこ紐に抱えて歩くのに、革靴だと衝撃が吸収されにくく、膝や腰に疲労が蓄積するのを実感したからです。

 

革靴の代わりに、以前ランニングが趣味だった時に購入したランニングシューズを履いていたのですが、こちらは革靴よりも疲れにくくなるものの、ソールが薄く(一昔前のモデルなのでソールが薄い)、今度は足の裏に疲労が蓄積するようになってしまいました。

 

一人で走る分には快適なのですが、抱っこして歩く用途には不向きのようです。

 

f:id:tonymctony:20180509063317j:plain

 

使ってみた感想

久しぶりのスニーカーだったので、「ふわふわ」した歩き心地でした。疲れは溜まりにくくなったように感じます。足裏も痛くない。

 

時折、足元を見るとなんだかスニーカーだな(当然ですが)と思うのですが、妻に「似合っている」と言われたので大丈夫なのでしょう。

 

サイズについてはぴったりのものと、少しゆとりを持たせたものと迷ったのですが、スニーカーの場合、1~1.5cmゆとりを持たせた方がいいと説明してくれた店員に従いました。

 

革靴に慣れきっていたせいか、最初はゆとりがあることに違和感がありました。

 

 

ですが、靴下の厚みや足のむくみ具合で変わるので、ゆとりをもって選んでよかったです。

 

まとめ

靴の種類によってジャストなサイズ感は違いますから、面倒な作業ですが、しっかり試し履きして買ってよかったです。適当に買ってサイズ合わなかったら、「これだからスニーカーは!」なんて、責任転嫁の文句を言っていたかもしれません。

 

ソールを買うことで調整もできるようなので、違和感を感じたら色々と試してみようと思います。履き続けると傷んできて感触が変わることがあるでしょうし。

 

なにはともあれ「ピンクはやっぱりいいなー。色に惚れ惚れするー。」と感じているので、買ってよかったです!